学生ローンの特徴を知る

学生ローンを専門に手掛けている金融業者であっても、その金融業者は消費者金融などと同じように貸金業者に分類されています。2010年の貸金業法の改正により導入された総量規制にももちろん対応しています。なので、学生ローンであっても年収の三分の一以上の借り入れはできません。

これでは、消費者金融とあまり違いがないように感じますが、学生ローンのおおきな特徴としては学生が利用しやすいような条件を付けているということでしょう。審査も消費者金融に比べると穏やかになっていることが多いです。年収なども学生でありますから、アルバイトの収入になりますが、在籍確認などしないで学生ローンの申込者の学生本人への確認で審査を通す業者も多いようです。年齢制限も消費者金融などでは20歳以上でないと借りられない場合がほとんどですが、学生ローンの場合は18歳以上で借り入れ可能である業者もありますし、大学生ではなく、専門学校生や予備校生であっても学生ローンを利用することができる業者もあります。

ただし、学生ローンは収入の少ないと思われる学生に対して利用しやすいようになっている分、利用限度額があまり多くしないという特徴も確かにあります。

とても便利な学生ローン

私は大学は地方から出てきて一人暮らしをして、大学生活を送っていました。家があまり裕福ではありませんでしたし、4年間の学費の方も親に頼っていたので、普段の生活にかかるお金は親からの仕送りは貰わずにアルバイトをしながら普段の生活費や、大学でかかるお金を稼いでいました。しかし大学のほうが忙しくなるとなかなかアルバイトに行ける日が限られてしまい、給料の方も少ない月もだんだん増えてきました。普段の生活にも支障が出てきそうなくらいにお金が無い時に私が利用したのが学生ローンです。学生ローンは大学の学生証を提示すると保証人などが居なくてもお金を借りる事が出来るので、親などにお金を借りている事を知られ事もありません。お金を借りるまでにも面倒な手続きがない事も学生の私には分かりやすく安心して借りれました。さらに学生ローンは借りたお金を学生の間に払い終わる事が出来なければ、卒業をしてからも支払う事が可能です。当然社会人になれば学生の時よりも、お金には余裕が出来るので支払いもスムーズに出来るのでとても助かるシステムです。学生ローンは利用してみて感じた事ですが、手軽に利用出来るので目的性のない借り入れは出来るだけ避けた方がいいと感じました。

学生の時に即日キャッシングした話

大学生になった時に、何かあったらと親に持たされたのが、初めてのネット銀行を利用したクレジットカードでしたが、特に必要はなくても急に資金が必要になった時には親に黙って利用し、自分のバイト代で返却していた事を今でも覚えていますし、それ以来、インターネットの環境とキャッシングカードは私の必需品になっている状態ですが、どうしても利用すると必ず金利はかかりますし、今はなるべく現金での購入を心掛けていますが、それでも手数料がかからない為、ネットで何かを購入する際には利用sていますし、即日キャッシングしてくれるというだけで心強くもいられますから、奥の方は必ず1つはキャッシングカードを持っておいた方が良いのではないでしょうか。
しかし、利用する金額はあくまで自分の収入に応じておく必要もありますし、急な出費の時のためにある程度の貯金もしておいた方が良いのかもしれません。それでもやっぱり他府県に遊びに行った時などには役に立つものでもいますから、多くの方が私のように、上手くキャッシングを利用されているかと思いますし、今はフリーターや子供までもスマホを持たせているのでキャッシングが可能なカードを持たせている親もおられるようですから、使い方さえ誤らなければ良いと思っています。

学生ローンにまつわる情報を集めてみました!